技術屋に Mac 使いが多いたった 1 つの理由

 最初は 4 つぐらい書いたんですが結局以下に起因するので 1 つにまとめました

コスパが良いから

 Web アプリケーション技術者界隈で Ruby(Rails) や PHPJava、たまに C など非 MS 系の言語を使う場合、どうしても Windows でなくちゃいけない、という必要が無くなります。そうなると単純にまず「ハードウェアスペックが良くて安いマシン」があればいいという話になるのですが、そんな時にコストパフォーマンスに優れているのが Dell か Mac で、その中でノートブックを選ぶのであればほぼ Mac 一択だから、というのが主な理由と思われます

 普段は Macbook Air の 11 インチをクラムシェルで運用し、ミーティングや勉強会の時には持ち歩くなど、可搬性に優れているのも良い点の一つです。これは別に Mac でなくても可能ですが、持ち運びの際のバッテリ持続時間などを考えるとやはり Mac になるでしょう。またノートブックでなくても Mac Mini というこれまたコスパの良いマシンがあるのも魅力の一つです

 この「コスパが良い」というメリットはあらゆる界隈におけるメリットとなります。というか「コスパいいならもうそれでいいだろ」というぐらいコスパが良いことは(主に企業にとっては)魅力的で、別に Web アプリケーション技術者界隈に限らずどこでも同じメリットとして捉えられているという印象があります。個人的にですが EDM 系のミュージシャンに Mac が多いのは「デザインがイケている」という理由に加えて「コスパがいい」という理由も必ず入っていると考えています。コスパが良くてイケてるならそれ買うよね、という具合です

 逆に Mac を選ばない理由の大半は「ソフトが Windows にしか存在しない」という場合かと思います。これにはよく「Mac 上の仮想環境で Windows 動かせばよくね?」というアンサーがつきまといますが、当事者的には「仮想環境で動かすとオーバーヘッドのせいでマシンの性能を最大限に引き出せないからダメ」というもので、主に FPS などの PC ゲームがこれに当てはまるかと思われます。やはり PC ゲームであればまだまだ Windows と言われる由来はこのへんが影響しています

 ということで、昔は Mac の方が Windows より高かったんですが、あれやこれやとやっている間に Mac の方がコスパ的に良いという事になっており、そういう点から「技術者に Mac」という流れになってきているのではないか、というのが持論だったりします

 ちなみに弊社はこれを使用しています