PHP の var_dump() に相当する Rails メソッド

Rails の場合は p か y だと思われる。

sample = {"a" => 1, "b" => 2}
y sample #=>a: 1 b: 2
p sample #=>{"a"=>1, "b"=>2}

シンボルでも OK 。

sample = {:a => 1, :b => 2}
y sample #=>:a: 1 :b: 2
p sample #=>{:a=>1, :b=>2}

ActiveRecord の find_by_sql 結果セットから以下のような感じで Key-Value の元ネタを把握できる。

results = SampleModels.find_by_sql(sql)
results.each { |res|
  res.attributes.each { |attr|
    p attr[0].to_s + " => " + attr[1].to_s
  }
}

Rails の場合はどちらかというと p より y の方が PHPer が望む var_dump() っぽいかなあと思った。